緑茶【カフェイン カテキン】

緑茶

茶葉、ティーバッグ、ペットボトルなどさまざまなタイプと種類のお茶が市販されています。

特に慣れ親しんでいる緑茶は色が黄緑色で、旨みと清々しい香りが特徴。

茶の葉を摘み取ったのち、加熱処理をして揉み、乾燥させた不発酵茶です。

発酵させた不発酵茶です。

発酵させていないため、発酵茶よりもビタミンA、C、Kが多く含まれています。

また強い抗酸化作用などを持つカテキンを豊富に含んでいます。

 

カフェイン

眠気覚まし+脂肪燃焼効果も

茶の葉、コーヒー豆、カカオの実などに含まれるアルカロイドで、苦みのある白色の結晶です。

頭痛、特に偏頭痛の痛みを和らげる効果があります。

また中枢神経を刺激し、心臓の働きを活発にさせることから眠気を防ぎ、疲労感を解消します。

脂肪分解酵素の活性を高めるといわれるので、効率的な脂肪燃焼のため、運動前に摂取するとよいでしょう。

利尿作用もあり、体のむくみを取ったり、血圧を下げたりする効果もあります。

 

カテキン

食事中のコレステロールの吸収を抑える

ポリフェノールの一種で、「タンニン」と呼ばれてきた緑茶の渋みの主成分。

食事中のコレステロールの吸収を抑え、脂肪の吸収を穏やかにします。

しかも悪玉コレステロールだけを低下させ、善玉コレステロールには影響しないという優れもの。

緑茶には活性酸素を消去するビタミンCやビタミンEなどの抗酸化ビタミン類も多く含まれており、”最強の抗酸化飲料”といえます。

 

 

参考にしてみてください。

 

 

参考書籍

NHK出版 からだのための食材大全

監修者:池上文雄、加藤光敏、河野博、三浦理代、山本謙治  編者:NHK出版  発行者:森永公紀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA