【夏バテ】 “体がだるい” “食欲がない”

夏バテの症状

私たちの体は、汗をかく量や毛穴の開閉具合で、常に体温を一定に保とうとするメカニズムがあります。

ところが、高温多湿の日本の夏は、外に出ると蒸し暑く、逆に職場や電車の中などは冷房がガンガン効いている状態です。

体に備わった体温調節が追いつかず、体がギブアップしてしまいます。

その結果、疲れやすい、食欲がない、体がだるい、眠れない、やる気がでない、頭が痛い、肩がこるなど、さまざまな不調が起こってきます。

 

屋外と室内の温度差

西洋医学的には「夏バテ」という病気はありません。

夏バテは自律神経失調症の一つと考えられます。

夏バテの最大の原因は、屋外と室内の温度差にあります。

冷房の効いた室内と、蒸し暑い屋外を出たり入ったりすると、自律神経は体温調整をうまくコントロールすることができなくなってしまいます。

すると、その影響が内臓をはじめ体全体に及んで、さまざまな変調をきたすのです。

 

東洋医学では

私たちの体は、暑いときは汗をかいて、寒いときは毛穴を縮めて体温調節を図っています。

ところが、冷房の効いた部屋に長くいると体温調節機能がくるい、外に出すはずの水分がたまって、水毒になりがちです。

水毒によって胃や腸の消化機能が落ちると、食欲不振や下痢になります。

さらに冷たいものをとると消化不良が悪化、体内の水分吸収が機能せず、脱水症状をも引き起こすのです。

 

「気・血・水」タイプ別の対策

気虚の人は

気虚の人は、夏は特に疲れやすく、何事もおっくうになりがちです。

食欲不振でも、消化のよい栄養バランスのとれた食事と休養で「気」を養いましょう。

 

気滞の人は

気滞の人は、暑さによる睡眠不足もストレスになります。

サウナや半身浴で「気」と「水」の巡りをよくして、体内にこもった熱をとりさり、涼しく快適に眠りましょう。

 

瘀血の人は

瘀血の人は、暑い夏は運動もおっくうになりがちです。

水分を補給しながら、適度な運動で血行を促進させましょう。

ぬるめの半身浴がおすすめです。

 

血虚の人は

血虚の人は、栄養バランスが悪く冷房で体は冷えやすくなります。

体力も消耗し、めまいや貧血がおこりやすくなります。

消化がよく栄養の高い食品をとりましょう。

 

水毒の人は

水毒の人は、冷房による冷えが加わってむくみやすくなります。

冷たい飲み物は禁物です。

飲み物はホットか常温で、滞った「水」をスムーズに流しましょう。

 

 

参考にしてみてください。

 

 

参考書籍

もっと知りたい!今日から始める!「漢方とツボの本」別冊 週刊女性 編集人:武田健二 発行人:黒川祐二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA