【めまい・ふらつき】 “吐き気” “耳鳴り”

吐き気・耳鳴り・難聴

めまいは平衡感覚をつかさどる身体システムの障害によって起きると考えられています。

内耳のリンパ液の調節にトラブルを起こすメニエール病や、高血圧、低血圧、更年期症状などが原因とされます。

めまいには大きく分けて “回転性めまい” と “浮動性めまい” の二つがあります。

回転性めまい

“回転性めまい” は、自分自身や周囲のものがグルグルまわる感じがして、まっすぐに立ったり、歩いたりすることが困難になります。

ときには、吐き気や耳鳴り、難聴をともなうことがあります。

 

浮動性めまい

“浮動性めまい” は、自分自身や周囲のものがフワフワと揺れる感じがします。

また、立ち上がったときに目の前が真っ暗になる、立ちくらみもめまいの症状の一つです。

 

メニエール病

メニエール病は “回転性めまい” を、血圧の異常は “浮動性めまい” を生じ、内耳からの情報を伝達する神経の障害や、脳の疾患が原因と考えられる場合もあります。

また、ストレスなどが原因となることも少なくありません。

 

「気・血・水」複数の問題が関係 !?

東洋医学では、めまいの原因を、水分の代謝や血液循環の障害と考えます。

特に現代人は「水」を過剰摂取する傾向があり、体に必要のない水分が、水毒となってめまいを引き起こしているケースが多くみられます。

「血」が停滞する “瘀血” の人も、月経周期に関連しためまいが起きやすくなります。

「気」の不足も立ちくらみやふらつきの原因になります。

 

「気・血・水」タイプ別の対策

気虚の人は

気虚の人は、疲労からたちくらみや、ふらつきを起こしやすいタイプです。

生活リズムを整え、早めの休養を心がけ、疲れをためすぎないようにしましょう。

 

気滞の人は

気滞の人は「気」が上半身に停滞し、頭痛、イライラなどを伴っためまいを起こしやすくなります。

「気」を正常な流れに戻すために、時折、深呼吸をしてリラックスを心がけましょう。

 

瘀血の人は

瘀血の人は、月経周期によって、耳鳴り、めまい、頭痛などに悩まされます。

特に月経直前や月経中は「気・血・水」の異常が出やすいので、無理は避けて休養をとるようにしましょう。

 

血虚の人は

血虚の人は、貧血に近い状態で、立ちくらみやめまいになりやすいタイプです。

鉄分の多い食品や、体を温める食品をとりましょう。

 

水毒の人は

水毒の人は、めまいのある人にもっとも多いのが水毒です。

体調のよいときは適度な運動や入浴で体の余分な水分を排出することがめまいの予防になります。

アルコールは控えめにしましょう。

 

 

参考にしてみてください。

 

 

参考書籍

もっと知りたい!今日から始める!「漢方とツボの本」別冊 週刊女性 編集人:武田健二 発行人:黒川祐二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA