【胃もたれ】 “胸やけ” “食欲不振”

こんな症状ありませんか?

胃もたれ、胸やけ、ゲップ、食欲がないなど、

消化吸収能力が落ちていると、こんな症状が出てきます。

胃に不快感があると、食欲も低下します。

このような状態が続くと、体重も減っていき、体力も落ちていきます。

 

ストレスや、食べすぎ、脂っこいもの

胃は食べたものを胃液と混ぜ合わせ、胃の筋肉が収縮と弛緩をくり返して、お粥のようなドロドロの状態になるまで攪拌します。

※攪拌(かくはん)=かきまぜること。かきまわすこと。

ところが、ストレスや、食べすぎ、消化に時間がかかる脂っこいもののとり過ぎなど、胃の消化機能が追いつかなくなると消化不良が起き、胃が重くもたれる感じがします。

 

胃下垂・胃アトニー

また、骨盤より上に位置するはずの胃が、下にある状態を胃下垂といいます。

胃下垂は、胃壁の筋肉が緩み消化不良を起こす胃アトニーを伴うケースが多いため、胃もたれを起こしがちです。

胃内停水

胃のあたりを軽く叩くと、ポチャポチャ音がしませんか?

このような状態を「胃内停水」といい、胃下垂や胃アトニーの人によくみられます。

これは東洋医学でいう「水毒」の代表的な症状で、冷えがあり、必要以上の水分が体内の一か所にたまっている状態です。

 

「気・血・水」タイプ別の対策

一般に、胃もたれや食欲不振は、虚弱体質の虚証タイプの人に多くみられます。

体力がある実証タイプの人でも暴飲暴食などを続けていると、胃壁の筋肉が弱り、胃が垂れ下がって胃下垂になり、胃がもたれ、食欲不振に陥ります。

 

気虚の人は

気虚の人は、生命エネルギーである「気」が不足しています。

食事をきちんととるようにすることが大切です。

また「気」は食べ物だけでなく、自然界に満ちています。

散歩などで、よい空気を吸い、体内に「気」をとり入れましょう。

 

気滞の人は

気滞の人は「気」が滞っていると、膨満感を感じたり、よくゲップが出たりします。

また、ストレスで胃にダメージが加えられ、胃もたれや食欲不振に陥ることも。

深呼吸や適度な運動で「気」の流れをスムーズにしましょう。

 

水毒の人は

水毒の人は、体に冷えがたまって、水の流れが滞っています。

そのために、胃がもたれたり、食欲不振になります。

体を動かし、入浴などで体を温め、冷えを改善して、水分代謝をよくすることが重要です。

 

参考にしてみてください。

 

 

参考書籍

もっと知りたい!今日から始める!「漢方とツボの本」別冊 週刊女性 編集人:武田健二 発行人:黒川祐二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA