「気血水」バランスチェック⑤ 【水毒】

東洋医学では「気」「血」「水」のバランスの崩れが “からだのトラブル” を招くといわれています。

「気血水」は絶えず全身を巡っています。

しかも、それぞれ単独で動いているのではなく、互いに影響しあいながら、全体のバランスを調整しています。

 

「気」「血」「水」バランスが崩れチェック

バランスの崩れには、次の「5タイプ」があります。

  • 気が滞っている【気滞(きたい)】
  • 気が不足している【気虚(ききょ)】
  • 血が滞っている【瘀血(おけつ)】
  • 血が不足している【血虚(けっきょ)】
  • 水が滞っている【水毒(すいどく)】

 

水毒(すいどく)

「気」や「血」の変調とともに起こることが多く、水が体内の所々に滞るなど、水の代謝が悪い状態です。

「体がむくみ」「疲れやすく、頭が重い感覚」があり、

「手足の冷え」「お腹のゴロゴロ音やポチャポチャ音」など多彩な症状があらわれます。

体質的な要素がからんでいることも多く、昔から「原因不明の病気はまず水毒を疑え」といわれているくらいです。

 

水毒タイプチェック

  • むくみがある
  • 頻繁に喉が渇き、冷たいものをよく飲む
  • 腹部がポチャポチャと音がする
  • 軟便や下痢をしやすい
  • 頭が重い
  • 耳鳴りがする
  • 夜トイレによく行く
  • 朝起きると顔に枕の跡(あと)がついていて、消えにくい
  • 汗をよくかく
  • 寝汗をかきやすい
  • 舌の脇にギザギザと歯の跡がつく
  • 舌に厚みがある

 

大切なのは、自分の体の微妙なバランスの乱れに気づくことです。

あなたの「気」「血」「水」バランスは!?

 

参考にしてみてください。

 

 

参考書籍

もっと知りたい!今日から始める!「漢方とツボの本」別冊 週刊女性 編集人:武田健二 発行人:黒川祐二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA