「気血水」バランスチェック② 【気虚】

東洋医学では「気」「血」「水」のバランスの崩れが “からだのトラブル” を招くといわれています。

「気血水」は絶えず全身を巡っています。

しかも、それぞれ単独で動いているのではなく、互いに影響しあいながら、全体のバランスを調整しています。

 

「気」「血」「水」バランスが崩れチェック

バランスの崩れには、次の「5タイプ」があります。

  • 気が滞っている【気滞(きたい)】
  • 気が不足している【気虚(ききょ)】
  • 血が滞っている【瘀血(おけつ)】
  • 血が不足している【血虚(けっきょ)】
  • 水が滞っている【水毒(すいどく)】

 

気虚(ききょ)

「気血水」の中でも主導的な役割を担っているのが、生命エネルギーである「気」です。

体質的な胃弱などによりその気が不足している状態です。

「気」の減少は消化吸収能力の低下を招き、栄養が不十分になるために、さまざまな活動性が低下します。

 

その結果「倦怠感」や「疲労感」「食欲不振」「気力がない」「めまい」「たちくらみ」などの不調や、免疫力の低下から「風邪をひきやすくなる」といった症状があらわれます。

 

気虚タイプチェック

  • 疲れやすい
  • 風邪をひきやすく、長引く
  • 食欲がなく、胃がもたれやすい
  • 軟便や下痢をしやすい
  • 体全体が冷える
  • 食後だるくなる
  • めまいや立ちくらみがする
  • いつも不安感がある
  • 声が小さい
  • 気力がない
  • 舌の色が薄い
  • 舌に白い苔がある

 

大切なのは、自分の体の微妙なバランスの乱れに気づくことです。

あなたの「気」「血」「水」バランスは!?

 

参考にしてみてください。

 

 

参考書籍

もっと知りたい!今日から始める!「漢方とツボの本」別冊 週刊女性 編集人:武田健二 発行人:黒川祐二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA