「自律神経」って何?【23】

「頭痛」「肩こり」「冷え」「むくみ」など

自律神経の乱れによる症状はたくさんあります。

今のあなたの “不調” や “不快感” は「自律神経の乱れが原因か~」と、

少しでも気持ちがラクになってくれたら嬉しいです。

 

更年期と自律神経

更年期障害

更年期は、ホルモンのバランスが崩れることで 心身の機能が下がり、様々な不調が現れやすくなります。

「更年期障害」と呼ばれる心身の不調は、卵巣の機能が低下し、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が急激に減っていくことが原因で起こります。

男性にも!?

更年期障害は女性特有のものと思われがちですが、実は男性にも更年期は訪れます。

男性ホルモン「テストステロン」が加齢とともに減少していくことで、女性と同じような症状が出ることもあります。

 

更年期の不調は避けられない?

年齢とともにホルモンンバランスが崩れていくのは、誰にとっても避けられないことです。

しかし「更年期の症状」には「自律神経」のバランスの崩れも大きく関わっていることを忘れてはいけません。

 

自律神経を整えて更年期の不調を緩和しよう

血流を良くすることで更年期に備える

女性は40代になると副交感神経の働きが低下しやすくなります。

 

副交感神経がうまく働かないと

  • 血行が悪くなり
  • 肌荒れ
  • むくみ
  • 疲れがとれない
  • 気分が沈みがち

などの原因になります。

更年期だと思っていた不調が、実は自律神経のバランスが崩れたせいで起きていたかもしれないということは案外多いのです。

 

更年期障害は起きて当たり前?

多くの人は「更年期障害」は起きて当たり前と考えています。

しかし、早いうちからホルモンバランスの崩れに備えて “自律神経と整える” という習慣があり、

更年期の不調を “ほとんど経験しなかったり“、”軽く抑えられたり” する人もいます。

“自律神経を整える生活習慣” を意識しておくことは、更年期~閉経を迎える日に向けての事前の準備ともいえるのです。

日頃から「よつば」を意識した生活習慣に整えていきましょう。

 

参考にしてみてください。

 

 

参考書籍

カラダが変わる!自律神経セルフケア術 発行:NHK出版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA