「自律神経」って何?⑲

「頭痛」「便秘」「肩こり」「冷え」「むくみ」など

自律神経の乱れによる症状はたくさんあります。

今のあなたの “不調” や “不快感” は「自律神経の乱れが原因か~」と、

少しでも気持ちがラクになってくれたら嬉しいです。

 

快眠のためにできること(寝室編)

一日を通して快眠を意識した行動をしてきても、実際に眠りにつく場所でリラックスできなければ意味がありません。

居心地のいい寝室作りが睡眠に与える影響は大きいです。

 

寝室を片づける

快眠のためには、リラックスした気持ちで眠りにつくことが大切です。

寝るための環境を整えるというのも、大切なことだといえます。

寝室、ベッド周辺はなるべくすっきりと片付けておきましょう。

 

心地いい寝具選び

ベッドに入った瞬間、気持ちのいいシーツに包まれると心も体もリラックスするのがわかるはずです。

寝心地のいい寝具は快眠に不可欠です。

そして寝具選びの際には、実際に触ってみて「心地いい」と感じたものを選ぶことです。

機能性の高い寝具を選んだのに快眠を得られない‥という人は試してみてください。

 

リラックススポットを作る

好きな香りのアロマオイルを並べたり、花や好きな場所の写真を飾ったり、何度も読み返したい本を並べたりしましょう。

そこに眼をやっただけで、すっと気持ちがリラックスモードに切り替わるようなスポットは大事です。

そんな場所を部屋の一角にだけでも作っておくのも、副交感神経の働をアップさせるためにはおすすめです。

 

参考にしてみてください。

 

 

参考書籍

カラダが変わる!自律神経セルフケア術 発行:NHK出版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA