「冷え」と「冷え症」は違う !?

これからの季節は「冷え」に関してアドバイスすることが多くなります。

「冷え」に関しては 進藤義晴先生の「冷えとり」健康法 を参考にさせていただいています。

私自身も 数年間 実践していて、とても効果を実感しています。

 

「冷え」と「冷え症」は違います

進藤先生は「冷え症」は手足が冷たいということを自覚しているが「冷え」は自覚がないと言います。

「冷え」を自覚できていない人の方が “重症の冷え” を抱え込んでいることがあるので注意が必要です。

以前「冷え性」と「低体温」の違いを書きました。

こちらもご覧ください。過去記事 → 「冷え性」と「低体温」の違いは ”自覚” !?

 

体が “ほてって” 困る

「冷えに注意しましょう」というと「私は体が火照って(ほてって)困る」という人は意外と多いです。

これは、身体のセンサーがおかしくなっている時にそう感じることがあります。

本能が狂っているということもできます。

日頃から、体を冷やすような服装、食事、生活習慣を送っていると体が「冷え」に慣れてしまい「冷え」を感じる本能が働かなくなってしまいます。

 

「冷え」が進むと「発熱」が !?

この冷える生活を続けていると “恒常性” により「冷え」をなくそうと 反対に「発熱」が起きます。

※ 恒常性(ホメオスタシス)= 内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする働き

そして、さらに「冷え」が進むと “恒常性” による「発熱」も追いつかなくなり「冷え」が感じられるようになります。

そんな「発熱」が追いつかない状態のときは、体のあちこちに “古血(ふるち)” が溜まっているそうです。

古血(ふるち)= 瘀血(おけつ)

循環がとどこおって新鮮でない血。また、古くなって色が変わった血

「夏でも冷えて困る」という人は、かなり「冷え」が進んでいるので “要注意” です。

 

「冷え」自己診断法

冷えがあるかないか見分け方として、

“暖房” または “冷房” の効いた部屋に入ると具合が悪くなる、というのがあります。

冷暖房の効いている部屋の上下の温度差は、ひどいときは10度も違うことがあるそうです。

頭が暑くて足が冷たいというのは「冷え」には一番良くない状態です。

このような部屋で具合が悪くなるのは、ふだん感じなくなっている「冷え」が増強されて症状が現れるということなのです。

 

その他「冷え」の見分け方

  • ラーメン・うどんなどを食べると鼻水が出て困る
  • のぼせやすい(顔が赤くなり汗がでやすい)
  • 暑がり・寒がり
  • 直射日光が苦手
  • 暑い風呂が好き
  • 汗が出ない人(要注意)

 

これからの季節「冷え」に十分注意して過ごしましょう。

 

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA