自分を知るための東洋医学《邪気②》

邪気とは

東洋医学では、身体が持つ病気に抵抗する力を「正気」と呼び、

体の生命活動を妨げる要因を「邪気(または邪)」と呼びます。

 

内邪(ないじゃ)

生命活動を妨げる「邪気」には

《体外》から悪影響を及ぼすものと

《体内》で悪影響を及ぼすものがあります。

「邪気」のうち、体の内部で発生して悪影響を及ぼすものを「内邪(ないじゃ)」と呼びます。

過剰になった感情も「内邪」となり臓腑に悪影響を与えます。

今回は「五臓」に影響を与える “七つの感情” についてです。

 

七情

「内邪(ないじゃ)」の中で、生体に悪影響を及ぼす “感情” を「七情(しちじょう)」といいます。

「七情」とは

  1. 喜(き)
  2. 怒(ど)
  3. 憂(ゆう)
  4. 悲(ひ)
  5. 思(し)
  6. 恐(きょう)
  7. 驚(きょう)

の7つの感情のことで、これによる動揺が、身体機能を失調させると考えられています。

 

五臓と七情の関係

  • 喜=「心」
  • 怒=「肝」
  • 憂・悲=「肺」
  • 思=「脾」
  • 恐・驚=「腎」

というように「七情」はそれぞれ特定の臓腑と関係しています。

 

喜(喜ぶ)=「心」

喜びの感情が過剰になると「心」の不調が現れやすくなります。

「心」は精神活動や思考活動をつかさどっています。

「心」の不調が現れると “気の緩み” “集中力の低下” などを招きます。

 

怒(怒る)=「肝」

怒りの感情が過剰になると「肝」に悪影響を与えます。

「肝」には「気・血・水(津液)」を滞りなく巡らせる “疏泄(そせつ)作用” があります。

「肝」の不調が現れるとそれらが滞ってしまいます。

 

憂・悲(憂える・悲しむ)=「肺」

悲しみや憂いが過ぎると「肺」の変調につながる傾向にあります。

※「憂う(うれう)」「憂える(うれえる)」=悪い状態になるのではないかと心配したりすること

「肺」は “呼吸” や “免疫機能” などを担っています。

「肺」に悪影響が及ぶと “呼吸器のトラブル” や “風邪” を引き起こしやすくなります。

 

思(思う)=「脾」

過剰に思い悩み続けると「脾」に悪影響が及びます。

「脾」は “消化吸収” の働きを担っています。

「脾」の不調が現れると “食欲不振” や “腰痛” や “下痢 ” などを起こしやすくなります。

 

恐・驚(恐れる・驚く)=「腎」

極端に恐怖や驚きの感情が多くなると「腎」の不調が現れやすくなります。

「腎」は “津液の代謝調節” を担っています。

「腎」の不調が現れると水分の代謝が悪化しやすくなります。

 

続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA