自分を知るための東洋医学《心》

「木・火・土・金・水」という「五行学説」に基づいた

「腎・脾・肝・肺・心」五臓(ごぞう)の分類を「臓象学説」と呼びます。

今回は 五行でいう「火」に属し、太陽のように生体の司令塔としての働きを担う「心」についてです。

 

【「心」とは】

自然界において太陽はあらゆる生物にとってのエネルギー源です。

五臓における「心」も同じように生体全体における最大のエネルギー源であり、

その営みが止まるとすべての臓腑の活動が即座に止まってしまいます。

“心臓の役割” のほかに “大脳機能” や “中枢神経系” の機能も持っています。

「心」は生体機能全体を最も高い次元から統括している司令塔といえるのです。

 

「心」の性質《 熱・向上・昇騰 》

五臓の中でも「心」は最も勢いが強い臓で「熱」「向上 “上向きの力”」「昇騰(しょうとう)”沸騰して沸き立つような力”」の性質を持っています。

 

「心」の熱と活動力

「心」は太陽のような存在で、生体に「熱」と「活動力」を提供する働きを持っています。

「肝」「肺」「心」のうち最も “陽” の勢いが強いのが「心」です。

 

木が太陽の光を利用して栄養分を作り出すように「肝」は「心」が提供する「熱」と「活動力」を使用することで活動しています。

 

太陽の熱を海や湖が蓄え、気温に応じてその熱を放散するように「心」の熱は「腎」によって蓄え 放出されます。

「腎」と「脾」は “陰” の臓として生命の基礎を担っています。

 

血液循環と精神活動

「心」は血液循環と精神活動(神明)をつかさどります。

《神明》

東洋医学では、精神活動や思考活動のことを “神明(しんめい)” もしくは “神(しん)” と呼びます。

 

“4つの作用” と “不足” による不調

「心」が持つ血液循環と精神活動の働きは

《心気》《心陽》《心血》《心陰》

の4つの作用に支えられています。

 

「心」の不調は、この4つの不足によって起こり、それぞれ

《心気虚》《心陽虚》《心血虚》《心陰虚》

と呼びます。

 

心気虚

心気が不足したために生じる病体です。

【動悸】【息切れ】【精神疲労】【顔面蒼白】

 

心陽虚

心陽が不足したために生じる病体です。

【心気虚の症状】【手足が冷える】【汗が勝手に出る】【胸が痛い】【顔がむくむ】

 

心血虚

心血が不足したために生じる病体です。

【動悸】【不眠】【夢を多く見る】【もの忘れ】【過剰な不安感】【頭がクラクラする】【顔色が悪い】

 

心陰虚

心陰が不足したために生じる病体です。

【動悸】【不安感】【手足に不快な熱感がある】【手足を不必要に動かす】【眠りが浅い】【寝汗がひどい】【口やのどの渇き】

 

「心」の不調は「気」「血」の異常、もしくは “精神症状” となって現れやすく「腎」「脾」「肝」の不調を招くことも多いので注意しましょう。

健全な思考や感情、十分な休息、そして「気晴らし」が欠かせませんね。

 

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA