自分を知るための東洋医学《肺》

「木・火・土・金・水」という「五行学説」に基づいた

「腎・脾・肝・肺・心」五臓(ごぞう)の分類を「臓象学説」と呼びます。

今回は「金」に属し “雲” のような役割で、呼吸の働きや免疫機能を担う「肺」についてです。

【「肺」とは】

人体における「肺」は “雲” と同じように、生命体と外界とを隔てる外殻としての働きをもっています。

外敵の侵入などから守ると同時に「気・血・水(津液)」の巡りが体の外へ漏れ出さないように守る “バリア” としての機能を持っています。

そしてもう一つ、必要なものを体内へ取り込み、不要なものを体外へと放出する “フィルター” の機能を持っています。

 

宣散作用と粛降作用

「肺」は “バリア” や “フィルター” として働き「気」や「水(津液)」を “宣散”・”粛降” します。

 

宣散作用

「肝」による上向きの放散が起こる中で「肺」が “フィルター” となって働き、不要なものや過剰なものは外界へと放出します。

同時に、生体の表層部で体内環境を守る “バリア” としても働きます。

 

粛降作用

「肝」による上向きの流れを「肺」が “バリア” となって生体内に押しとどめ、流れを下向き・内向きに変えて体内に押し戻します。

同時に、体外から “清気” を体内にへと取り込む “フィルター” としても働きます。

 

宣散・粛降作用による《 津液の代謝 》

胃・小腸・大腸から「精」「液」「津」が取り込まれ「脾」で「津液」がつくられます。

 

「脾」から「肺」に送られた「津液」が宣散作用によって体外に放出されます。

 

「脾」から「肺」に送られた「津液」が粛降作用によって下向き・内向きに押し出されます。

 

「肺」の不調①

「肺」の機能が低下すると呼吸困難、せき、痰(たん)、息切れ、、喘息といった呼吸に関する症状が出ます。

また、むくみ、尿量減少、発汗といった水分代謝に関するトラブル、風邪などの免疫にかかわる問題が生じやすくなります。

 

「肺」の不調②

不調が現れやすい器官は《鼻》《声帯》《大腸》で、

・鼻炎 ・花粉症 ・鼻づまり ・声がれ ・排便異常(便秘、下痢) ・アトピー性皮膚炎 ・アレルギー性鼻炎 ・気管支喘息

などの症状も「肺」の不調に関係があると言われています。

 

「肺」の不調③

肺気虚(はいききょ)

呼吸器系の機能が低下して生じる病態です。

【力のないせき】【息苦しさ】【湿ったせき】【透明な痰(たん)】【疲れやすい】【汗が勝手に出る】【悪寒】

 

肺陰虚(はいいんきょ)

「津液」の代謝機能が低下したことにより「津液」が不足して生じる病態です。

【乾いたせき】【口が渇く】【粘り気のある痰(たん)】【寝汗】【疲れてやせ細る】

 

風寒塞肺(ふうかんそくはい)

宣散作用の低下により現れる病体です。

【せきが出る】【水っぽい痰(たん)】【鼻水・鼻づまり】【悪寒】【汗がでない】【発熱】

 

風熱閉肺(ふうねつへいはい)

免疫機能の低下により「肺」に熱が生じて起こる病体です。

【せき】【黄色く粘り気のある痰や鼻水】【喘息症状】【のどが熱を持つ】【口が渇く】

 

「肺」のバリア・フィルターの働きは、日頃から適度な外界の刺激を受けることでしっかり働くようになります。

温度や湿度が年中一定した環境にいると、バリア・フィルターの働きが衰えてしまいます。

 

適度なストレスも体を鍛えるために必要だということですね。

 

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA