自分を知るための東洋医学《脾》

「木・火・土・金・水」という「五行学説」に基づく

五臓(ごぞう)「腎・脾・肝・肺・心」の分類を「臓象学説」と呼びます。

今回は 五行でいう「土」に属し “後天の本” と呼ばれている「脾」についてです。

 

【「脾」とは】

「脾」は「腎」とともに生命の基礎的機能を担う役割があります。

 

「腎」=”先天の本”

<親から受け継いだ先天的な生命力を蓄えている>

「腎」に蓄えられている「腎陰」や「腎陽」は、先天的な生命力の根源となります。

「腎」単独では生命活動を担うことができず「脾」による “後天の本” と結びつくことによってはじめて生命力を提供することができます。

 

「脾」=”後天の本”

<食べ物などから後天的に生命力を補充する>

「脾」は体内で飲食物から “水穀の気” を取り出します。

“水穀の気” は「気・血・水(津液)」の原料となり、生命力を補う重要な役割を担います。

 

【「脾」の4つの作用】

「脾」には、食べ物から “水穀の気” を取り出す働き以外にも、化生作用・運化作用・昇生作用・統血作用の “4つの作用” があります。

化生作用(かせい)

“水穀の気” から「気・血・水(津液)」を作りだします。

 

運化作用(うんか)

「気・血・水(津液)」を全身に運搬します。

 

昇生作用(しょうせい)

“水穀の気” を上に運び「肺」まで送ります。

 

統血作用(とうけつ)

「血」を一定方向に導きます。

 

【「脾」の不調】

「脾」の不調は「気・血・水(津液)」の生成と運行に関する異常を引き起こしてしまいます。

その代表が「脾気虚(ひききょ)」です。

「脾」の不調は「脾気虚(ひききょ)」がベースとなって起こります。

 

「脾気虚」

「脾」の機能が低下して現れる病態で 【倦怠感や無力感】など様々な症状が現れます。

【全身の倦怠感や無力感】

【食欲不振】

【食べ物の味がしない】

【腹部に不快感や鈍痛を感じる】

【手足がだるい】

などの症状が出やすくなります。

 

「脾陽虚」

さらに進行すると「脾陽虚」になり‥

【腹部の冷え】

 

【下痢】

などの症状が加わります。

 

「脾気下陥(ひきげかん)」

栄養分などが体内を巡る方向を上向きにする「脾」の昇生作用が低下して生じる病態です。

【脾気虚】の状態に

 

【胃もたれ】

 

【脱肛】

などの症状が加わります。

 

「脾気統血(ひきとうけつ)」

「血」から血管が漏出しないようにする「脾」の統血作用が低下して生じる病態です。

【脾気虚】の状態に

 

【皮下出血】

 

【血便】

などの症状が加わります。

 

「脾」の働きを正常にするためには温めることが大切なので、身体を冷やす食べ物は避けた方が良いでしょう。

 

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA