自分を知るための東洋医学《臓象学説》

臓象学説とは

東洋医学には、自然界や人間は「木・火・土・金・水」という5つの要素から成り、互いに関わり合いながらバランスをとっている、という考え方があります。

これを「五行学説」といいます。

この「五行学説」に基づき「腎・脾・肝・肺・心」という5つの臓 <五臓(ごぞう)>を分類する考え方を「臓象学説」と呼びます。

 

※ 五行(木・火・土・金・水)における「相生」「相克」のバランス関係が、五臓(腎・脾・肝・肺・心)にも同様にあてはまります。

 

「相生」

5つの要素それぞれがほかの特定の要素を《生み出す》関係

「相克」

5つの要素それぞれがほかの特定の要素を《抑制する》関係

 

 

自然界のエネルギー循環にあてはまる

五臓の生理機能は「腎→脾→肝→肺→心」の逆相克で考えます。

逆相克

ある臓が特定の臓の役割を抑制する相克とは逆の関係をいい、ある特定の臓が必要とする素材を提供する関係をいいます。

 

腎→脾(脾克腎の逆相克)

(水)に蓄えられた水分のもとである腎陰は、(土)によって後天的な素材と結びつけられて津液になる。

《土克水》= “「土」は「水」をせき止めて抑制する” の逆ですね。

 

脾→肝(肝克脾の逆相克)

(土)によってとり出された水穀の気は、木が土から養分を吸い上げるように(木)によって引き出され、肺に送られる。

《木克土》= “「木」は「土」の養分を奪って抑制する” の逆ですね。

 

肝→肺(肺克肝の逆相克)

(木)が木のように上向きに伸び上ろうとする力を、(金)がバリアとなってさえぎることで有効な力にする。

《金克木》= “「金」は刃物となり「木」を切り倒して抑制する” の逆ですね。

 

肺→心(心克肺の逆相克)

先天的な素材と後天的な素材を原料に(金)で作られた血は、(火)に注がれて全身へと送り出される。

《火克金》= “「火」の熱は「金」を溶かして抑制する” の逆ですね。

 

心→腎(腎克心の逆相克)

(水)(火)から熱を供給されることで、水分のもとである腎陰を気化させて津液を作ることができる。

《水克火》= “「水」は「火」を消して抑制する” の逆ですね。

 

逆相克の関係

逆相克の関係を並べ替えると、自然界のエネルギー循環と一致します。

 

心=太陽

自然界の営みが太陽を中心とするように、腎・脾・肝・肺の機能は心によって統括されています。

 

肺=雲(鉱山から出現した雲)

肺である雲は、雲の下の自然環境を守るバリアとなっています。

 

肝=木

肝である木は上向きに伸び上がり、大気中に酸素を放散します。

 

脾=大地の土

脾は土であり、土の養分は木である肝に吸い上げられます。

 

腎=川や海、湖の水

腎は川や海、湖であり、蓄えられている水分は大地である脾に利用されます。

 

このように、自然界の流れで考えると、とても分かりやすいですね。

 

五臓を逆相克の関係で捉えて、病気の原因を分析するのが臓象学説です。

人間の体は自然の一部である、という整体観の考え方が反映されているのですね。

 

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA