自分を知るための東洋医学《水(津液)の不調》

東洋医学では、人体には「気・血・水(津液)」という3つの要素が体内を絶えず巡っており、生命や健康を維持していると考えられています。

体内に存在する水分のうち「血」以外のものを「水(津液)」と呼びます。

「津」はサラサラとした体表を巡る水分で、

「液」はねっとりとした体の深層部を巡る水分を指します。

胃から「精」、小腸から「液」、大腸から「津」が取り込まれ、「腎陰」と結びついて「津液」を生成します。

 

「水(津液)」の不調

水(津液)の不調には「陰虚」「湿」「湿熱」があります。

水(津液)の量が不足すると「陰虚」

過剰になると「湿」「痰飲(たんいん)」「湿熱(しつねつ)」といった病態になります。

 

「陰虚」

水(津液)の量が不足することによって起こる病態です。

水(津液)は陰の性質を持つため、水(津液)が不足すると「陰」が足りない状態となってしまいます。

体に余分な熱が残りやすく乾燥傾向にあるため、熱感や寝汗などを伴う場合もあります。

  • 目や鼻、唇が乾燥している
  • 髪がパサついている
  • 空ぜきが出る
  • 不眠がち
  • 声がかすれている
  • 痩せ型
  • 便秘がち
  • など

 

「湿」

水(津液)が部分的に過剰になって滞ることにより起こる病態です。

胃に水が溜まっている感じがしたり、雨の日や湿度の高い日に体調が悪くなったりしやすいといった傾向があります。

「湿」がさらに進むと痰飲となり、めまいや耳鳴り、不整脈などの症状が加わります。

  • 頭が重い
  • 吐き気がある
  • 体が重くだるい
  • 汗や鼻水が多く出る
  • 胸が苦しい
  • 四肢がだるい
  • 下痢しやすい
  • など

 

「湿熱」

「湿」が体内の余分な「熱」と結びついて生じる病態が「湿熱」です。

「湿」は陰の性質、「熱」は陽の性質を持つため、「湿熱」は因と陽が絡み合う複雑な環境で、やっかいな病気を引き起こします。

  • 髪の毛が薄い
  • 暑がりで汗っかき
  • 吹き出物が目立つ
  • 胸苦しさや吐き気がある
  • がっちりとした肥満タイプ
  • 皮膚に化膿・炎症がでやすい
  • など

 

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA