自分を知るための東洋医学《血の不調》

東洋医学では、人体には「気・血・水(津液)」という3つの要素が体内を絶えず巡っており、生命や健康を維持していると考えられています。

「血」における巡りの異常は、量が不足している場面は「血虚(けっきょ)」という病態が現れます。

そして、動きが乱れている場合は「血瘀(けつお)」や「血熱(けつねつ)」といった病態が現れます。

「血」とは「血液」と同じような意味ですが、東洋医学では血液の成分や循環作用も含んだ、少し広い概念として捉えています。

「血」の存在により、各臓器が正常に機能すると考えられています。

 

「血」の不調 《血虚・血瘀・血熱》

「血虚(けっきょ)」

血の量が不足するために起こる病態です。

「気虚」が「血虚」の原因になることも多い。

  • 目がかすむ
  • 顔色が悪い
  • 爪がもろい
  • 動悸がある
  • 皮膚にツヤがない
  • 筋肉が痙攣(けいれん)する
  • 不眠
  • 健忘(わすれっぽい)
  • 手足のしびれ
  • めまい
  • 月経血の量が少ない
  • 月経痛
  • など

 

「血瘀(けつお)」

血の巡りが悪くなることで起こる病態です。

筋腫や卵巣のう腫といった塊状の病変が体内に出来ていたり、刺すような痛みの症状を伴うこともあります。

長く続く慢性病の場合「血瘀」の状態を考慮します。

  • 皮膚が黒っぽくくすんで乾燥気味
  • シミやそばかすが目立つ
  • 肩コリがある
  • 唇や歯茎の色が紫がかっている
  • 便秘がち
  • 血管がクモの巣状に浮き出ている
  • など

 

「血熱(けつねつ)」

血に熱がこもって起こる病態です。

その他、発疹や吹き出物などの皮膚トラブルが起こったり、月経が早く来たり、熱感があるといった症状が伴うこともあります。

  • 鼻血がよく出る
  • 出血が止まりにくい
  • 血尿が出る
  • 月経過多
  • など

 

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA