自分を知るための東洋医学《気の不調》

東洋医学では、人体には「気・血・水(津液)」という3つの要素が体内を絶えず巡っており、生命や健康を維持していると考えられています。

 

「先天の気」「後天の気」

「気」は「腎」に生まれつき蓄えられている「先天の気」と、

体の外から取り入れられた「後天の気」が結びついて生成されます。

さらに「後天の気」には、食べ物から作り出される「水穀の気」と、呼吸から取り入れられる「清気」とがあります。

一般的に「気」というと、この「後天の気」と「先天の気」が結びついて生成された「気」のことをさし「元気(真気)」とも呼ばれています。

 

【 気虚 気滞 気陥 気逆 】

「気」の不調には、

全身の「気」の量が不足する《気虚》

「気」の流れが滞る《気滞》

「気」の巡りが乱れる《気陥》《気逆》

などがあります。

 

気虚(ききょ)

「気」の量が不足している、または「気」の働きが低下している病態が《気虚》です。

  • 冷えやすい
  • 風邪を引きやすい
  • やせ型
  • 胃もたれ・胃が重い
  • 皮下出血しやすい
  • 気力がない
  • 食欲不振
  • 消化不良
  • 体重減少
  • など

 

気滞(きたい)

「気」が滞っている場合、重い感じや張る感じのある症状を伴うのが特徴です。

滞った「気」は熱を帯びて体の上部に上昇しやすいため、顔のほてりや目の充血などが現れることもあります。

  • 神経質
  • げっぷやおならが多い
  • 胃が痛む
  • お腹が張る
  • 細身で筋肉質
  • 顔のほてり
  • 目の充血
  • など

 

気陥(きかん)

「気」の巡りは上昇と下降のバランスが大切ですが、下降する力が強すぎたり、上昇する力が弱すぎたりすると《気陥》になります。

  • 下痢が長く続く
  • 胃下垂
  • 頻尿
  • 脱肛
  • 立ちくらみ
  • 墜落するような感覚
  • など

 

気逆(きぎゃく)

「気」が上昇しすぎたり下降する力が弱すぎたりすると《気逆》になります。

肺の「気」が逆上すると喘息やしつこい咳などがおこり、胃の「気」が逆上するとげっぷや吐き気などが現れます。

  • めまいがする
  • げっぷや吐き気
  • しつこく咳がでる
  • など

 

「気」という概念に慣れていない人は、ひとまず「ふぅーん」くらいで良いと思います。

 

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA