自分を知るための東洋医学《気・血・水》

気・血・水(津液)

東洋医学で、身体のしくみや病気の成り立ちを考えるときに欠かせない概念の一つが「気・血・水(津液)」です。

人体には「気・血・水(津液)」という3つの要素が存在し、それらが体内を絶えず巡ることで生命や健康を維持していると考えられています。

 

「気」

生命の活動の根源となる目に見えないエネルギーを「気」と表現しています。

「気・血・水(津液)」の中で「気」は 最も巡る範囲が広く、特定の組織内ではなく全身を自由に行き来しています。

 

「血」

一般的に言う血液と同じ意味ですが、東洋医学では血液そのものをさすだけでなく、その働き(組織や器官に栄養素や酸素を送るなど)も含まれています。

 

「水(津液)」

体液など、体内に存在する血液以外の水分をさします。

津液はさらに「津(しん)」と「液(えき)」に分けられ、「津」は体内を自由に巡るのに対し「液」は特定の組織内を巡る という違いがあります。

 

「気・血・水(津液)」の役割

「気」の役割

「気」は生命活動の原動力で「血」と「水(津液)」の元になります。

蒸気が機関車の動力となるように、生命活動の原動力となります。

また空気として火である「血」が燃えるための材料にもなります。

 

「血」の役割

「血」は熱源となる栄養を体に供給します。

各機関の熱源となる “火(熱)” は空気(酸素)があって初めて燃えるように「血」は「気」が供給されて初めて作られ働くことができます。

 

「水(津液)」の役割

「水(津液)」は、身体に潤いを与え熱を適度に鎮める

水はそのままでは冷たく動きのない状態です。

「血」の火(熱)で温められることにより、沸騰して蒸気を生み動きが活発になります。

 

「気」の巡りが悪くなると‥

「血」の元となる「気」が不足した状態のため「血」の勢いが弱くなり、「水(津液)」の動きも悪くなります。

 

「血」の巡りが悪くなると‥

「水(津液)」に熱が伝わらないため、動きが鈍くなります。

また、蒸気である「気」を生み出せないため「気」の不足を招きます。

 

「水(津液)」の巡りが悪くなると‥

「水(津液)」が不足した状態なので「血」が持つ熱が過剰になります。

すると「気」も熱を帯び、勢いが強くなりすぎます。

 

「気・血・水(津液)」の関係を知ると、何となく今の私の健康状態が分かってきます。

 

自分を知るための一つのきっかけにしていただければ嬉しいです。

 

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA