自分を知るための東洋医学《五行学説》

五行学説

五行学説とは、自然界も人間も「木」「火」「土」「金」「水」という5つの要素(五行)に分けられ、

一定の関係性の中で互いにバランスを保っているという考え方です。

この「木」「火」「土」「金」「水」とは、自然界にあるものの象徴で、

その性質はそれぞれ次のように考えられています。

 

5つの要素(五行)

「木」

地中から土をかき分けて地上に芽を出し、樹木が天に向かって枝葉を伸ばして成長し、四方に柔軟に広がっていく様子を象徴しています。

 

「火」

炎や熱のように、勢いが強くて上昇しやすく、軽やかに動き、暑く、ものを燃やす性質を象徴しています。

 

「土」

養分やミネラルを豊富に含み、色々な生命や鉱物が生じる様子から “万物を生み、万物が帰す” 土のような豊潤な性質を象徴しています。

 

「金」

金属の 人の手で形を変えられる性質や、鋭く透明感のある性質を表しています。

形が変わることから、従順さや変更、改革といった変化の性質をさし、雲も金の象徴とされています。

 

「水」

流れる川のように周囲を潤し、冷しながら下方に流れる性質を表しています。

下方に流れ、地面を濡らして重くどっしりとした状態にするような性質を象徴しています。

 

5つの要素は「相生」「相克」の関係

「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素が、体内で相互関係を持つと考えるのが五行学説です。

 

「相生」

5つの要素それぞれがほかの特定の要素を《生み出す》関係

 

《木生火》

「木」は燃えて「火」を生み出す

 

《火生土》

「火」は燃え尽きると「土」を生み出す

 

《土生金》

「土」は堆積すると”鉱石”つまり「金」を生み出す

 

《金生水》

地中の鉱石である「金」は水脈を作り「水」を生み出す

 

《水生木》

「水」は種から芽を育て「木」を生み出す

 

「相克」

5つの要素それぞれがほかの特定の要素を《抑制する》関係

《木克土》

「木」は「土」の養分を奪って抑制する

《火克金》

「火」の熱は「金」を溶かして抑制する

《土克水》

「土」は「水」をせき止めて抑制する

《金克木》

「金」は刃物となり「木」を切り倒して抑制する

《水克火》

「水」は「火」を消して抑制する

 

東洋医学では、こうした五行の性質が人間の生体機能にも存在すると考えており、

各要素がバランスよく機能している状態を健康と捉えています。

 

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA