肌荒れ・ニキビ・吹き出物《 便秘・食事・合成洗剤・乾燥 》

きれいな肌を作る基礎は、きれいな体液にあります。

体液をきれいに保つには、腸内をきれいにすること、

そのためには食事を正すことを心掛ける必要があります。

“何となく” 知っていることか思いますが、今回はお肌の健康についてです。

 

肌荒れ・ニキビ・吹き出物の原因

①便秘・腸内腐敗

「便秘するとお肌が荒れる」というのは、昔からの常識ですね。

便秘でお腹の中に何日も便をため込んでしまうと、腸の中で “便の腐敗” が進みます。

すると悪玉菌が大量に増え、有害物質が発生します。

そしてその “有害物質” が血液やリンパ液に吸収され全身を循環します。

最後は “皮膚から排泄” される、という流れがあります。

同時に、自律神経の働きが悪くなり、皮膚の血行が悪くなります。

 

②食事の不適切

「不適切な食事」も “肌荒れ・ニキビ・吹き出物” の原因です。

肉類や牛乳などに含まれる “動物性脂肪” と酸化した油脂 (過酸化脂質)の摂り過ぎ、

そしてもう一つは “砂糖 ” が問題です。

肌の “シミ” や “たるみ” は【 糖化 】と【 酸化 】によって起こると言われています。

【 糖化 】= “ハリの低下” や “たるみ” に

 

糖化とは、体内で増えすぎた糖類が、タンパク質や糖質とランダムに結びつき分解されにくい成分になってしまいます。

透明な “コラーゲンや角質のケラチン” が糖化すると、黄色や茶褐色に変色します。

これが肌の内側で起こると “くすみ” になります。

【 酸化 】= “シミ・シワ・乾燥” に

 

体内で発生した活性酸素が、生体成分などを酸化させたり壊したりして、過酸化脂質などの有害な物質に変化していきます。

 

③化粧品・合成洗剤の使用

化粧品には、実に多くの有害な化学物質が含まれています。

また、化粧品で皮膚の表面を覆ってしまうと、皮膚の細胞が老化しやすくなります。

合成洗剤やシャンプー、パーマ液などは、皮膚を荒らすだけでなく、成分が皮下に吸収されて、肝臓や腎臓を傷める可能性もあります。

敏感肌の人は、シャンプーに含まれる成分(合成界面活性剤・香料・着色料など)に反応してしまいます。

界面活性剤の中でも “要注意” なのが、浄力が高く泡立ちが良くなるために使用されているという “ラウレス硫酸Na” や “ラウリル硫酸Na” など「硫酸系」の成分です。

あまり気にし過ぎると良くないと思いますが、量を少なくして皮膚につかないようにしたり、しっかり洗い流すなど、神経質にならない程度に注意しておくと良いでしょう。

 

④その他<乾燥・紫外線>

<紫外線と乾燥>も肌に関するトラブル要因の一つです。

乾燥しがちで “肌のバリア機能” が衰えた状態では、紫外線の刺激で炎症が進んで、症状がさらに悪化します。

 

体の内側(内臓や血液・リンパ)と 体の外側(乾燥・湿気・紫外線対策)から、生活の環境を改善していくことが、肌荒れ・ニキビ・吹き出物対策、健康肌に繋がっていきます。

 

参考にしてみてださい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA