自分の体質は !?「陽性・陰性」「実証・虚証」

体質は「陽性体質」と「陰性体質」に分けて考えることができます。

病状は「実証」と「虚証」に分けることができます。

「陽性・陰性」の体質の違いは、磁石で言えばN極・S極という「極性」、

「実証・虚証」の違いは、磁石で「磁力」という風に例えられます。

 

「磁力」とは?

「実証」は磁力が強すぎて、余計なものがたくさん付着している状態。

「虚証」は磁力が弱すぎて何もくっつかない状態。

「虚 or 実」は、同じ人でも時間と共に変化しています。

 

陰陽虚実の座標軸

自分の体質と病状がどの辺に位置するのかを確認してみましょう。

座標軸の中心が健康体(陰陽も虚実もバランスがとれている状態)です。

 

<陰性体質の特徴>

○ 低血圧気味で、早起きに弱い夜型

 

○ 体つきは “きゃしゃ” で、胸は扁平、首は細い

 

○ 寒がりで、手足が冷たく、夏でも温かい飲み物を好む

 

○ 神経質でおとなしく、個人的に深く付き合うのを好む

 

○ 軽い病気になりやすく、内臓は下垂気味でアトニー型

 

○ カゼを引くと、微熱が続いて治るのが遅い

 

○ 睡眠時間は長い

 

<陽性体質の特徴>

○ 高血圧気味で、深夜に弱い朝型

 

○ 体つきはがっちりしていて胸は厚く、首は太い

 

○ 暑がりで、手足は温かく、冬でも冷たいものを好む

 

○ 活動的で明るい性格で、大勢で騒ぐのが好き

 

○ めったに病気にかからないが、なると大病になりやすい

 

○ カゼをひくと、高熱がでやすく治るのが早い

 

○ 睡眠時間は短い

 

<虚証>

体力が衰弱した状態で「排泄過剰的」な症状《衰弱症》

 

例‥下痢・多尿・寝汗・低血圧・貧血・気力減退・体重減少・食欲減退・※胃アトニー・胃下垂・低体温症・老化現象etc

 

※胃アトニー:胃の筋肉の緊張力が低下し、蠕動ぜんどう運動が不活発になる状態。食物が長く胃にとどまり吐き気やもたれを起こす。

 

<実証>

体力はあるが、排泄不良や感染のために毒素が蓄積した「排泄障害的」な症状《毒性症》

 

例‥便秘・尿量減少・無汗・高血圧・のぼせ・※心悸亢進・赤ら顔・激痛・激しい炎症・湿疹・ニキビ・吹き出物etc

 

※心悸亢進(しんきこうしん):心臓の鼓動が平常よりも強く速くなること。精神的な興奮、激しい運動、心臓病などで起こる。

 

自分の体質を知るための参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA