手足が冷える人におススメ「爪もみ療法」

自律神経に関する情報は 主に “免疫学の権威” 安保徹先生の本を参考にさせていただいてますが、

今回は、安保先生と共同研究されている福田稔先生が考案したという「爪もみ療法」を紹介させていただきます。

 

やり方は簡単です

自律神経のバランスを整える「爪もみ療法」は、

両手の10本の指の生え際を押しもむ「セルフケア」です。

めちゃくちゃ簡単なので、ぜひ一度お試しください。

 

《もむ場所》

もむ場所は、爪の生え際です。

おおよその場所でよいそうです。

 

《もみ方》

もみ方は、爪の生え際の角2点を、もう一方の手の親指と人さし指で挟んで、

少し痛いと思うくらいの力で、10秒ほど押しもみます。

 

《順番》

親指から始め、人さし指、中指、薬指、小指、の順にもんでいきます。

これを両方の手で行ないます。

 

《各指の効果》

【親指】アトピー、喘息、せき、リウマチ、円形脱毛症など

【人さし指】胃弱、潰瘍性大腸炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍など

【中指】耳鳴り、難聴など

【薬指】交感神経を刺激

【小指】肩こり、腰痛、頭痛、椎間板ヘルニア、動悸、高血圧、精力減退、しびれ、生理痛、子宮内膜症、子宮筋腫、更年期障害、自律神経失調症、うつ、物忘れ、不眠、不安神経症、パニック障害、目の病気、肥満、糖尿病、腎臓病、頻尿、尿漏れ、肝炎など

《親指》は肺などの呼吸器、

《人さし指》は胃腸などの消火器、

《中指》は耳の症状、

《小指》は心臓や腎臓などの循環器の働きを高める効果が期待できます。

《薬指》は交感神経を刺激し、

他の指は副交感神経を刺激します。

全部の指を揉むことで、自律神経のバランスが整います。

通勤中や休憩時間、お風呂やトイレの時間を利用して、一日に2~3回を目安に行いましょう。

冷え症の人にもおススメです。

 

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA