コルチゾール と 副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)

「疲れやすい体」を考える上で「副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)」に関する情報が参考になります。

今回は「副腎疲労」と、ストレスホルモン「コルチゾール」についてです。

 

コルチゾール

コルチゾールは副腎皮質から放出されるステロイドホルモンです。

例えば、ストレス時(人前で喋ったりするとき)には、10分–20分ぐらいの間に2–3倍に増加します。

また、コルチゾールが長期にわたって “過剰に分泌” されると “脳の海馬” を委縮させることや、炎症のコントロールを悪くします。

そして、うつ病の患者ではコルチゾールが高いことも報告されています。

コルチゾールはストレスと “身体的・精神的” 健康のために重要なホルモンということです。

 

慢性的なストレスで「副腎」が “疲れる”

ストレスに対処するホルモン「コルチゾール」は “副腎皮質” から分泌されるステロイドホルモンの一つです。

副腎の働きがよければ、微量ですがバランスの取れた副腎ホルモンを分泌します。

しかし、日常的にストレスが多すぎると、副腎が疲れてきて機能低下を起こします。

その結果、副腎ホルモンの中の「コルチゾール」が上手く分泌できなくなります。

<副腎>

副腎とは5~7gほどの小さな臓器で、左右の腎臓の上部に接する半月状(左),三角状(右)の内分泌腺です。

腎臓と共に脂肪被膜とその中の腎筋膜に包まれており、両側腎臓の上部に接しています。

 

 

副腎疲労とは

副腎が疲弊しているときの特徴として「疲労(疲れ)」が起こります。

その状態を、アメリカのジェームズ・L・ウィルソン博士が「アドレナル・ファティーグ=副腎疲労」と名づけました。

「アドレナル・ファティーグ=副腎疲労」の症状は、”日常的な疲れ” や “ダルさ” や “朝起き上がることもできない” ほどの状態まで、重症度も様々です。

症状の程度の差はありますが「慢性的な疲労感」という点では同じです。

副腎機能の低下は、体や心に様々な兆候が表れます。

 

副腎疲労度 チェック

以下のチェック項目で「副腎」が疲れていないかをチェックしてみてください。

□ 慢性的に眠く、眠っていても疲労が解消されない。

 

□ 朝、起きるのがつらい。

 

□ 午後2~4時ぐらいの間に特に疲れを感じる。

 

□ カフェインを含む飲み物がないと目が覚めない。やる気が出ない。

 

□ アレルギー症状が悪化した。

 

□ 鼻炎、喘息が悪化した。

 

□ 塩分や糖分の濃いものを無性に欲する。

 

□ 毎日、お酒を飲まずにはいられない。

 

□ 体重が増加し、特にお腹周りやお尻に脂肪がついてきた。

 

□ 抜け毛が多くなり、髪の毛が薄くなってきた。

 

□ 風邪を引くとなかなか治らず、咳が数週間続くことがある。

 

□ 慢性便秘だ。

 

□ 冷え性である。

 

□ 腕や顔にシミが出てきた。

 

□ 関節が痛む。

 

□ くるぶしがむくみやすい。特に夕方にむくみが酷くなる。

 

□ PMS(月経前症候群)や更年期障害が酷くなった。

 

□ 座った状態や、横になった姿勢から急に立ち上がると、立ちくらみやめまいがする。

 

□ 午後11時過ぎに元気になる。

 

□ 性欲が著しく低下した。

 

□ 眠りについても3時間くらいで目覚めてしまい、その後なかなか眠れない。

 

□ 疲れているのに、寝つきが悪い。

 

□ ちょっとしたことでイライラして、ヒステリーを起こすことがある。

 

□ プレッシャーをかけられると、思考が混乱する。

 

□ 集中力がなくなり、記憶力が悪くなった。

 

□ 何もかも嫌になることがある。

 

□ 気分が落ち込みやすい。

 

お疲れ気味かも!? という程度で

いかがでしたか?

チェックが付いたから、私は「副腎疲労・アドレナル・ファティーグ」なんだ‥、

なんて思い込まないでくださいね。

項目が多いので、誰でもいくつかのチェックは付きます。

でも少しチェックが多いかな? という人は “副腎” がお疲れ気味かも!? という程度の認識にしときましょう。

適度な運動・食べ物・感情や考え方・気(エネルギー)を整えていけば、体質なんていくらでも変わります。

副腎疲労の予防法なども、追々お伝えしていきます。

 

ありがとうございます。

 

参考文献:

「しつこい疲れは副腎疲労が原因だった」(本間良子著、本間龍介監修、祥伝社)

「医者も知らないアドレナル・ファティーグ」(ジェームズ・L・ウィルソン著、本間良子訳、本間龍介監修、中央アート出版社)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA