“タンパク質” を構成する【アミノ酸】

今回は、ハリアナ “よつば健康理論” の「食」の部分です。

 

タンパク質を構成するアミノ酸

三大栄養素は<タンパク質・炭水化物・脂質>です。

タンパク質は、筋肉や臓器、ホルモンの材料だけでなく “エネルギー源” にもなっている必要な栄養素です。

そんな大切な栄養素である “タンパク質” は、なんと10万種類もあります。

そして「10万種類ものタンバク質」これらはたった20種類のアミノ酸から構成されています。

20種類のアミノ酸の 色々な組み合わせで「タンパク質」が出来ているのですね。

 

必須アミノ酸・非必須アミノ酸

アミノ酸には、体内で十分に合成されない「必須アミノ酸(9種)」

体内で合成される「非必須アミノ酸(11種)」があります。

「必須アミノ酸(9種)」は、食事などで毎日きちんと補う必要があります。

「非必須アミノ酸(11種)」は体内での合成が可能ですが、

不足してしまう場合があるので、バランス良く摂取することは大切です。

 

必須アミノ酸(9種)

バリン・ロイシン・イソロイシン・スレオニン・ヒスチジン・リジン・メチオニン・フェニルアラニン・トリプトファン

この必須アミノ酸のうち一つでも不足するとタンパク質を十分に生成できなくなり、

新陳代謝がスムーズにいかない、抵抗力が下がる、病気にかかりやすいなど、困ったことになるかもしれません。

 

必須アミノ酸の大切な働き

《筋肉をつくり維持》《肝機能を強化》《貧血の改善 造血》

《血糖・血圧・コレステロールをコントロール》《解毒作用》

《コラーゲンの材料》《カルシウム吸収を促進》

《白血球の生成促進》《鎮痛 鎮静作用》《抗うつ作用》

 

アミノ酸を豊富に含む食材は

アミノ酸を豊富に含む食材は、主にタンパク質を多く含む動物性の食材(肉・魚介・卵・乳製品)です。

植物性の食材では大豆製品が多く含んでいます。

 

必須アミノ酸(9種)の取り方は?

必須アミノ酸をしっかり含んだ食品を選びたいものです。

食品に含まれている必須アミノ酸がどれくらい満たされているかを示す値が「アミノ酸スコア」です。

100に近い数値であるほど理想的です。

 

代表的なアミノ酸スコア

  • 豚肉(ロース):スコア 100
  • あじ(生):スコア 100
  • 鶏卵:スコア 100
  • 牛乳:スコア 100
  • 大豆:スコア 100
  • 精白米:スコア 61
  • じゃがいも:スコア 73
  • キャベツ:スコア 53
  • トマト:スコア 51
  • りんご:スコア 56

 

<アミノ酸の桶>

アミノ酸スコア 100の場合。

桶の中の水(タンパク質)がこぼれず全てのアミノ酸が満たされていますね。

この時、体の中で 十分なタンパク質が生成されると考えられます。

例えば、これは「リジン」が不足しています。

水(タンパク質)は「リジン」の高さまでしか溜りません。

どの板(必須アミノ酸)が 低くても同じです。

1枚でも “低い板” があると、その高さまでのタンパク質しか生成できません。

どの必須アミノ酸を欠かせてもいけない、ということですね。

 

よつば 《体・食・心・気》の【食】

今回は、ハリアナ “よつば健康理論” の「食」の部分です。

このように、9種類の必須アミノ酸のすべてがバランスよく含まれていることで、体内で十分なタンパク質が生成されるのです。

過不足がなくなるようにさまざまな食材を組み合わせ、

「新陳代謝を高め、抵抗力を上げ、病気にかかりにくく、疲れにくい体」を目指していきましょう。

 

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA