くしゃみ・鼻水など「秋のアレルギー症状」

アレルギー性の症状は、内臓にたまった毒素(冷え)の排出

夏場に体を冷やしてしまった人は、これからの季節に注意してください。

何に注意するかというと、くしゃみ・鼻水など、鼻炎を含む「アレルギー性の症状」です。

アレルギー性の症状は、内臓にたまった毒素(冷え)を排出するための “自然治癒力の反応” です。

夏場に “体を冷やす食べ物” をとり過ぎて、内臓に「冷え」を溜め込んでしまっている人は、

くしゃみ・鼻水・涙などの形で、内臓の毒素(冷え)を出そうとします。

秋のアレルギー性の症状にご注意ください。

 

《肺》は「鼻・のど」から

東洋医学では、夏の終わりは《消化器系》の季節、秋は《肺》の季節です。

なので 今は《肺》《消化器系》に溜まった毒素(冷え)を排出する時期です。

《肺》《消化器系》の毒素(冷え)は「鼻・のど」などから排出されやすいので、

今からの季節に「アレルギー性鼻炎」が起きやすくなります。

東洋医学での《肺》は、肺・鼻・のど・気管支などの意味で、肺の弱いタイプは色白で肌がきれい。

鼻水・鼻づまり・のどの腫れ・息切れ・乾燥肌になりやすく、エアコン等にも弱いそうです。

 

「食べ過ぎ」には注意

アレルギー反応が起きても《治るために毒素(冷え)が出ているんだ》と知っていれば大丈夫ですね。

薬なんかで止めようとせず、積極的に出してしまいましょう。

そして、早めに毒素(冷え)を出しきり、新しい毒素(冷え)を入れないよう気をつけましょう。

特に「食べ過ぎ」には注意しましょう。

 

今から急いで冷え対策

冬まで まだ時間があります。

今のうちにしっかり体を温めて「冷え対策」しておくことをおススメします。

足元はしっかり温めましょう。「頭寒足熱」が基本です。

頭はさほど温める必要はありませんが、首の周辺は冷やさずに温かくしておきましょう。

過去記事 「足」を温めて「冷え」を改善しよう!

過去記事 「お腹」を温めて「冷え」を改善しよう!

を 参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA