【 バーチャル湯気気功 】

セルフケアをまた一つご紹介します。

 

夫婦同士でセラピーするの?

ハリアナ(ハリーとアナ)は「自分たちの健康維持はどうやっているの?」と聞かれることがあります。

「お互いに体を治してあげてるの?」とも聞かれます。

私たちは、基本的には「自分の体は自分で何とかする」というのがあるので、お互いにセラピーし合うということはありません。

と言っても「絶対にしない」という頑固なスタンスではありません。

調子が悪くなればセラピーしたり、してもらったりすることも 今後はあるかもしれません。

でも 今のところは大丈夫です。

 

私たちのセルフケア

では、どのようなセルフケアをしているかというと、

気功でいうと内気功と呼ばれるものに近いと思います。

気功や太極拳、ヨガ、瞑想など、自分の心身を感じながらの健康法は色々あります。

やり方はそれぞれ違いますが、突き詰めれば どれもほとんど同じようなところに行くと思います。

入口がいくつもあって、でも中で繋がっている、みたいな感じですかね。

あ、山登りと同じで、どこから登りはじめても上に行けば同じ、みたいな。

今回の「バーチャル湯気気功」も一つの方法と思って試してください。

 

バーチャル湯気気功

やり方は簡単です。

寒くなると、お風呂上がり 身体から湯気が出ているのが見えることがあると思います。

体のすべての毛穴からこの湯気が出ているイメージをする方法です。

なので「バーチャル湯気」なのです。

「な~んだ」と思わないでくださいね。

コレ ちゃんとやったら相当すごいセルフケアになりますよ。

全身ですから、身体の隅々まで全部です。

全身から湯気が出ているイメージ

最初は腕や肩から始めてもいいです。

頭・顔・首・肩・胸・背中・お腹・腰・脚・足。

ざっくりイメージしてみてください。

自分のラクな体勢で結構です。

すると、何となく感じる人もいるかもしれませんが、

湯気をイメージしやすい体の部位とイメージしにくい体の部位がありませんか?

イメージしにくい体の部位は、盲点になっていて、あなたの弱い部分です。

家で言うと、薄暗くて、あまり使わない部屋ですね。

まずは、イメージしやすい体の部位(良く使う部屋)からで結構ですので、湯気が出ているのをイメージしてみてください。

モコモコの湯気の方がイメージしやすければ、それでも大丈夫です。

 

姿勢・体勢は自由

その時の姿勢は、自分がラクに感じる姿勢です。

座っていても、立っていても、寝ていても、どの姿勢でも良いですが、

足組み、横座り、肘枕などの悪い姿勢はやめましょう。

時間は人それぞれですが、湯気がイメージ出来ている間は、続けてください。

湯気の観察を続けていると、だんだん湯気が消えてきます。

湯気が消えたかな~と思ったら、もう一度、頭から足まで、順番に湯気を感じてみてください。

すると、さっきと違ってくるはずです。

もしかすると、さっき何にも感じなかった体の部位から湯気を感じることが出来たりします。

しばらく使っていなかった部屋のカーテンを開けて窓を開けて風通しを良くしたということで、

その部屋から「陰」の気が放出された、ということです。

一度、湯気が出たところから、再び湯気が出るという感じがすることもあります。

 

分かってくると楽しくなる

最初は、何も感じなくても、だんだん「あ~、こういう感じか~」と分かってくると思います。

体感覚で分かり始めると、やればやるほど、心も身体も軽くなってくるので、面白くなってきて毎日続けることができます。

何度やっても実感できにくい人もいますが、悲観的にならないようにしてください。

また、別の方法(私はこれが分かりやすいな、という方法)を見つければ良いと思います。

 

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA