無理なストレッチで「骨盤が痛くなった !?」

【 無理したら “骨盤・仙骨・腰椎・股間節” に歪みができる !? 】

“開脚ストレッチ” で骨盤が壊れそう!?

「骨盤・仙骨・腰椎・股関節の歪み」は連動しており《腰痛や生理痛の元になります》が、

実は 意外にもその原因を作っているのが《無理なストレッチ》だったりします。

今回は、無理な “腰まわり(骨盤・仙骨・腰椎・股間節)” のストレッチへの注意と、気をつけたい姿勢についてです。

 

腰まわり(骨盤・仙骨・腰椎・股間節)

このような感じで、腰まわりの大事なポイントをイメージしてみてください。

これらの骨たちが、微妙な関係性でバランスを保っているので、

無理に動かそうとして “痛める” と、《骨盤・仙骨・腰椎・股間節》のバランス関係が崩れてしまいます

「腰」は月へんに「要(かなめ)」と書きます。

肝心要の “腰まわり” がおかしくなると、せっかくの “ナチュラルバランス” が崩れてしまいますので、くれぐれも気をつけてください。

 

変な “憧れ” はやめましょう !?

「○○ストレッチ」や「○○ヨガ」など、次々に新たな運動法が紹介され、情報過多で頭がパンパンになりそうですが‥

皆さん、そんな情報に振り回されているのが良くわかります。

インストラクターの先生や、モデルのイメージ写真を真似て、無理な柔軟ポーズをしてみたり‥

「私もこれくらい出来なくちゃ!」と、変な憧れを持ってしまい(笑)

痛くても無理した 結果‥「関節や筋肉を痛めてしまった」ということを見聞きします。

 

じわじわと無理せずに行なうこと

腰まわりが歪んでいる人が、力まかせに股関節をグイグイ開いたいり、無理にヨガのポーズなどをしてしまうと、

股関節・仙腸関節・腰仙関節にズレが生じたり、恥骨結合やが大きくずれて、激痛が起こることもあります。

特に「腰まわりのストレッチ」をするときは、じわじわと力かけ、絶対に一気に力を加えたりしないよう注意しましょう。

 

こんな姿勢がクセになっていませんか?

これらは《骨盤・仙骨・腰椎・股間節》をゆがませる座り方です。

ご注意くださいね。

《 横座り 》 

腰椎・骨盤のズレが酷くなります。

また、片方の股関節に負担がかかり、腰が横にズレた姿勢を作ってしまいます。

 

《 ペタンコ座り(女の子座り)》 

ヒザと股関節にかかる負担が大きく、両方の股関節に「歪み」をつくります。

 

床の冷えが「子宮・膀胱」に直接伝わり、女性特有の症状のきっかけを作るかもしれません。

 

《 足を組んで座る 》 

後ろから見ると、左右どちらかに腰が傾き、背骨が曲がっているのが分かります。

股関節がズレて、腰は丸くなり、お腹が凹み、内臓が圧迫されます。

 

《 イスやソファにもたれ、浅く座る 》 

腰が丸くなり、首が倒れ 首・アゴが前に出てきます。

また、仙骨・尾てい骨がダイレクトに床にあたり、そこに体重がかかり歪みが起こります。

 

《 良い座り方 》 

こんな風に「仙骨を立てる感じ」で座ると良いですね。

 

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA