台風と「気象病」《頭痛 首痛 めまい 耳鳴り 耳のつまり》

天気が原因で起きる体の不調

「曇り」や 微妙な天気 の時は、

「頭が重かったり」「耳がパンっとなって気分が悪かったり」しませんか?

でも、雨が「ザーっ」と降ってしまえば、「あ、ラクになったわ」

ってこと実感されたことある人もいるかもしれません。

 

「気象病」という

天気が原因で起きる体の不調を「気象病」と呼びます。

気象病として多いのが、

頭痛、首の痛み、めまい、耳鳴り、神経痛、不安症 など、

特に “気圧の変化” で 症状があらわれます。

 

低気圧では、副交感神経優位

台風の多いこの時期、

「気象病」で 駆け込む人が多くなりますね。

「気象病」は “気圧の変化” によって起こります。

気圧の変化へ自律神経が対応しようとして活性化します。

低気圧では、自律神経は副交感神経優位になります。

気圧の変化が大きいのは、やはり台風、そして春や秋の季節の変わり目、梅雨時など。

 

頭痛、首の痛み、目まい 以外にも

吐き気、神経痛、イライラ、自律神経失調症、耳鳴り、耳圧、耳の閉塞感、不安症、三叉神経痛、偏頭痛、倦怠感、顎関節症、メニエル病、鬱、パニック症状

のような症状が出る人もいます。

神経内科に行って診てもらう人もいるくらいツライ症状です。

 

気功によるアプローチは有効

ハリアナでは「気功」を用いて<肉体&精神>両方に働きかけています。

気象病は「耳(内耳)」が気圧の変化に敏感で 過剰に反応する人に起こりやすい、と言う先生もおられるそうです。

確かに「耳」やその周囲の「歪み」と「気」の滞りが関係していると思います。

耳の奥に対する働きかけが必要になるので、やはり「気功」によるアプローチが有効です。

 

お困りの方はどうぞ

この時期に多い「気象病」でお困りの方は、結構いらっしゃって「スッキリ」していただいてます。

いろいろ探して回っていて解決できずにお困りの場合は、一度来られてみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA