“自分で” 自分の体を整える

ハリアナHaryAnaは “自分で” 自分の体を整える が一つのテーマですが、

やはり「自分の体は自分で何とかする」という気持ちがないと 変わるのは難しいですね。

 

例 ①)テスト勉強

「一夜漬け」のテスト勉強

テストの前日に “慌てて「一夜漬け」でテスト勉強する、毎回 赤点ぎりぎりの子” がいたら、

「普段からコツコツ勉強していないと、そんな “付け焼刃” では 身につかないよ」と

つい言いたくなってしまいます。

しかし、体のことになると、ほとんどの大人が これと同じことをしています。

 

 慌てて “治療院” を探しても

いざ 体が痛くなったり ツラくなってからの 病院 治療院 探しは、

「一夜漬け」のテスト勉強するのと同じようなものです。

「普段からコツコツ 体づくりをしていないと‥、

症状が出て 慌てて探しても、体はそんな簡単には 変わりませんよ」

と言ってくれる人は中々いませんよね。

 

例 ②)初めての自転車

自転車に乗れるようになるには

自転車に乗れるようになるには、補助輪を外さなければいけません。

補助輪を外すと、倒れないように バランスを取らなければいけません。

バランスを取るためには、ペダルを漕いで進まなければいけません。

そうです、自転車に乗れるようになるには、自分でペダルを漕がないといけないのです(笑)

あたり前過ぎることですが、体のこととなると、大人でもわからなくなってしまいます。

 

押し出してくれる人は !?

後ろで支えながら、助走をつけて押し出してくれる人は “治療院の先生” かもしれません。

「それっ!」と勢いよく押し出してくれた直後はしばらく「スーッ」と進んでいきます。

進んでいる間は《治療後は “体のバランスも整っていて” 》しばらく調子が良いかもしれませんね。

しかし 問題は その後、”自分でペダルを漕がないから” 「あら‥ また倒れた」

そして また “勢いよく押し出してくれる 誰か(先生?)” を探しはじめます。

 

「自力をつける」ことは大変 !?

おそらく、皆 このことに気づいていると思うのですが、

気づいてないふり なのか、考えないようにしている のか、だと思います。

「自力をつける」ことは 大変なことですから。

 

助けがあれば安心

自分で乗れるようになる人(自己管理ができるようになる人)も 稀にいるかもしれませんが‥

「後ろで支えながら 押し出してくれる人」が いてくれれば安心です。

私たちも、周りの人に支えてもらいながら、少しずつ ”自力” をつけてきました。

 

 

やっぱり気持ちは必要

でも、そもそも “自転車に乗れるようになることを望んでない人” には難しいですよね。

やはり 「自分で漕がなきゃ」という気持ちは必要です。

「自分の体は自分で何とかする」という気持ちがないと、健康自立は難しいと思います。

 

なので《学び型》

ハリアナHaryAnaは「そろそろ私も変わらないと」と思っている女性のための

《学び型》整体&気功ヒーリング サロンです。

ヒーリングセラピーを受けながら「自分の体の治し方」セルフケア を学んでください。

 

私たち夫婦も、自力でセルフケアができるまでに、色んな先生に教えていただきました。

自力がついたら “頼りきったり” “依存したり” することはなくなります。

それを、私たちなりに皆さんにお伝えしていけたら と思っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA