よくばり 入浴法 で《 冷え性 低体温 夏バテ 》対策

前回は「低体温」について書きましたが、

今回は「冷え性」「低体温」を予防する入浴についてです。

ついでに、この時期から出てくる「夏バテ」対策も一緒にしときましょう。

 

夏に変われる「よくばり入浴法」

朝晩涼しくなってきましたが、まだまだ暑くて‥

ついシャワーで済ませてしまいがちですよね。

しかし「冷え性」「低体温」「夏バテ」の対策を考えるなら、入浴は必須です。

次の冬 以降の「体」のことを考えて、

この時期から「冷え性」「低体温」「夏バテ」を意識した

”よくばり入浴法” を身につけておきましょう。

 

入浴の基本

湯船につかると全身が温まります。

水圧がかかるので全身に温まった “血液” が循環しやすくなります。

そのため “深部体温” も上昇して、”免疫力” が上がります。

自分の体温 プラス4度

しかし、カラスの行水のような短い入浴では、なかなか良い効果を得られません。

全身入浴なら10分、半身浴なら20~30分を習慣づけると温まりやすくなります。

※のぼせないように気をつけてください

お湯の温度は、自分の体温に4度プラスした温度が良いです。

 

熱い湯とぬるい湯の効果比較

熱い湯(41℃以上)

自律神経・・・交感神経が働く

血圧・・・急に上昇する

心拍(脈拍)・・・活発になる

気持ち・・・緊張する

胃の働き・・・胃液分泌の低下

入浴時間・・・10分以内

適応症・・・胃潰瘍・胃酸過多・食欲を抑制したい人

ぬるい湯(38~40℃)

自律神経・・副交感神経が働く

血圧・・・ゆっくり低下する

心拍(脈拍)・・ゆるやかになる

気持ち・・・リラックスする

胃の働き・・胃液分泌の促進

入浴時間・・・20~30分

適応症・・・高血圧・不眠症・ストレスが多い・食欲不振・胃腸虚弱

日頃から「交感神経」に傾きすぎかな‥という人は、「ぬるめのお湯」で少し長めの入浴を、

「副交感神経」に傾きすぎかな‥という人は、「熱めのお湯」で短めの入浴をすると良いですね。

 

入浴時、特に足を揉みましょう

日中、手を使うことはあっても、なかなか自分の足を触ることはありませんよね。

この入浴時間を利用して、徹底的に足をマッサージすることをおススメします。

温まった状態なので、少しくらい強めにマッサージしても大丈夫です。

《足裏の反射区?》そんなこと考える必要はありません。

全部にしっかりと刺激をいれてマッサージしてください。

□足の裏 □指の股 □爪の脇 □足の甲 □内くるぶし・外くるぶし □かかと(内側・外側) □土踏まず □側面(親指側・小指側)

「ツヤ」「ハリ」「透明感」がでる

足に限らず「体」は、放ったらかしにされると ”スネ” ます。

「もっとアタシを気にして‼」と、痛み・かゆみ などを発し アピールしてきます。

いつも意識してあげていると、喜んで「ツヤが出たり」「ハリが出たり」「透明感が出たり」生き生きしてきます。

笑ってしまいそうですが、本当にそんなもんなんですよね。

 

「全身鏡」で簡単に綺麗になれる

それと、入浴の前後に「全身鏡」の前で、自分の体をじっくり観察するクセをつけると良いですね。

人に見られる仕事(芸能人・モデル)をしている人は、そうやって外見を磨いています。

エステに行くよりもずっとラクに綺麗になれますよ。

 

この夏から「冷え性」「低体温」「夏バテ」「美容」を意識した ”よくばり入浴法” で、”健康” で “綺麗” に変わって周囲を「えっ!?」っと、驚かせてあげましょう♪

 

是非、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA