自分と他人を傷つける【ネガティブの4パターン】②

自分と他人を傷つける【ネガティブの4パターン】① の続きです

「精神的な疲労」いわゆる「ストレス」の元になっているのが、ネガティブ感情です。

その、誰の中にも少しはある(と思う)「ネガティブ」4つのパターン、残りは3つです。

残りは ネズミ、キツネ、狂犬

<前回>①自分情動型(タヌキ型)

②自分論理型(ネズミ型)

③他人論理型(キツネ型)

④他人情動型(狂犬型)

《情動型・論理型》は、理由づけが上手な《論理タイプ》とそうでない《情動タイプ》という感じ。

《自分・他人》は、ネガティブの「はけ口」が 自分か 他人か の違い。

では残りの②③④を見てみましょう。

②自分論理型(ネズミ型)

ネズミ型ネガティブの人は、感受性が豊かで、内向的な人が多いです。

ストレスを正面から受け止め、抱えこんでしまいます。

何でもすぐ「自分のせい」にしてしまう思考パターンで、他人のために自分を犠牲にしてしまいます。

「時間に遅れてはいけない」「人に迷惑をかけてはいけない」と、

真面目に考え過ぎているのでストレスが溜まってしまいます。

根本には「劣等感」があり、調子を崩すと「無気力や無力感」「人生に消極的」になってしまいます。

「自分はダメな人間だ」と自分をいじめてしまうのも特徴です。

酷くなると、生活リズムが崩れ、外出を出来ず、引きこもるようになってしまいます。

 

③他人論理型(キツネ型)

キツネ型ネガティブの人は、基本的に頭が良く、理屈で物事を割り切ろうとする人に多いです。

自己中心的で、常に、自分の主張や価値観を守ろうとしているので、人の意見を聞き入れません。

人付き合いがヘタで、周囲とよく衝突します。

誰かを相手に、雄弁に語っている自分に酔うところがあり、批判されるとムキになり反発します。

頭が良いので、策を巡らせるのが得意です。

気に入らない人に対しては、証拠を残さないように、影にまわって、悪口や中傷を言いふらすような行動をとることも。

自分の健康状態には、不安を抱えていています。

健康情報などから、病気に関する知識は多いようですが、自分は病気に違いないと思い込んでしまうところもあります。

 

④他人情動型(狂犬型)

狂犬型ネガティブの人は、自分の思いどおりにいかないと、欲求不満を募らせる、感情むき出しで怒ってしまいます。

欲求不満の「はけ口」は他人に向けられています。

一言で言うと「ヒステリック」で、感情的に制御が効かなくなり、酷い時には 子供に暴力を振るってしまうことがあるかもしれません。

他人を攻撃することは、自分を防衛しようとする反応です。

溜まったストレスは、ほとんどが「怒りの感情」に変換して他人に向けられます。

 

「矛盾」した2つのこと

「ハリアナ」では、

  • 《ネガティブ》をゼロに近づける意識(努力)と、
  • やっぱりゼロにはならない‥自分の中の《ネガティブ》を知ること

この 一見「矛盾」した2つのことを “受け入れてしまうこと” が、ラクに生活を送る一つのコツだと思っています。

 

今回の記事は、自分の中の《ネガティブ》を知るための、一つのきっかけにしていただけたらと思い書きました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA