姿勢を変えれば気分が変わる

【 気分が落ち込んだ時の対処法 】

ガッカリすると、うなだれたり、うつむいたり、猫背になってしまいますね。

反対に、嬉しいと知らず知らずのうちに顔を上げたり、視線を上げたり。

すごく嬉しいと、バンザイしたり、ガッツポーズをとったりすることも。

私たちの身体には、感情(気分)が 無意識に 姿勢や表情にでるという回路が備わっています。

「“ 心 “の状態が“ 体 “に表れる」という事ですね。

 

その逆をすれば良い!?

「感情・気分(心)」を良くするためには、「姿勢・表情(体)」を変えてみれば良いです。

つまり「心→体」から「体→心」に見方を変えてみるという訳です。

下を向いてる“顔を上げ“ “背すじを伸ばし“ “胸を開く“だけでも、落ち込んだ気分が少しラクになります。

◉背すじを伸ばす 〔背筋に緊張が入り 自律神経が整います。肩の力を抜き 胸も開きます〕

◉顔をあげる 〔アゴを引き 顔 視線も上げます。未来に対する不安が消えます〕

◉真っ直ぐ立つ 〔地に足が着き へこたれない気持ちが生まれます〕

◉バンザイをする 〔自信が湧き エネルギーが溢れてきます〕

◉こぶしを握る 〔意思が強くなり 気弱から強気に変わります〕

◉声を出して笑う 〔幸福ホルモンが分泌され 不安 心配 憂鬱が消えます〕


自分と周りに素敵な変化が !?

やってみて なにか変化は感じられましたか?

“楽しいから笑う“ のではなくて、“笑うから楽しくなる“ なんて話を 聞いたことあるかもしれませんね。

気分を変える為の本などはたくさんありますが、姿勢(体)からのアプローチというのも新鮮だと思います。

日ごろから、姿勢や笑顔に気をつける時間を増やしていくと

「あれ!? 最近そういえば」とある時、自分と周りの素敵な変化に 気づくかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA